神峯山寺 化城院落慶法要 奉納刀

大阪府高槻市の神峯山寺様より化城院落慶法要に際し、奉納刀製作の依頼をお受けしました。

人生において初めてのご依頼でしたので、奉納刀として相応しい品格を備えたものをと考えました。


木々の葉が美しく色づく秋晴れの日、化城院落慶法要が執り行われました。

今度、末永く化城院に納められていくのだと実感し感極まりました。


神峯山寺のご住職をはじめ、またこの度の奉納刀の製作に関わりアドバイス下さった全ての皆様に心より感謝します。


長さ:71.6cm

反り:2.2cm


研ぎ:井上 聡

鞘:森井 敦央

ハバキ:中田晃司

撮影:Kei NAKAMURA, Spare Time Studio


This Tachi is the delication sword for celebrating completion of Kejo-in Hall(化城院) in Kabusan-ji temple (神峯山寺)located in Osaka prefecture.


I was officially offered by Kabusan-ji temple to create a dedication sword for the newly built hall, Kejo-in.


The ceremony was conducted by November 23th, 2013 on a beautiful day with colored leaves.

I feel very happy and honored that my sword will be kept in Kejo-in hall ever after.


Lenth: 71.6cm

Curve: 2.2cm

Togi: Satoshi INOUE

Saya: Atsuo MORII

Habaki: Koji NAKATA

Photo:Kei NAKAMURA, Spare Time Studio

平成25年新作名刀展出品刀(優秀賞)

私が鍛刀場を構える佐用町は、小さな山々があり、四季折々の季節の色を見せてくれます。
春は、芽吹き始めた木々の合間に、山桜がぽつりぽつりと咲き、深緑、黄緑、桃色など可愛らしい色合いで山を飾ります。
その景色は、穏やかでまるで春山が笑っているかの様です。

茎に刻む季語は、迷わず「春山如笑」を選びました。

都会には、刺激になるものが多くあり心惹かれる事もあります。
しかし、私の住む町にも、何物にも代えがたい自然美があります。
作品にも、自然から多くのインスピレーションを得て、刀身に表現したいと考えます。

研ぎ:井上聡氏
白銀師:中田晃司氏
鞘師:森井敦央氏
撮影:Kei NAKAMURA for Spare Time Studio

長さ:81.8 糎
反り:3.2 糎


プライバシーポリシー
Copyright©2010 Kuniichi Takami all rights reserved.